取引先の登録 – クラウド会計ソフトfreeeからの取り込み

クラウド会計ソフトfreeeに登録している取引先情報を取り込めます。

取り込みの条件と項目

取り込みの対象になる取引先の条件は以下の通りです。

  • 取引先に取引先コードが設定されている
  • 取引先にメールアドレスが設定されている

取り込む取引先情報は以下の通りです。

  • 取引先コード
  • 取引先名(正式名称もしくは取引先名)
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 送付方法

取込タイプの指定

クラウド会計ソフトfreeeから取引先を取り込むには、取込タイプを「freee」にします。

「登録済みの取引先をFreeeの取引先で更新する」をチェックすると、取引先コードが同じ取引先の下記情報をクラウド会計ソフトfreeeの取引先の情報で更新します。

  • 取引先名
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 送付方法

取引先の取り込み

取引先取込をクリックします。

確認メッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。