請求書・領収書の発行(API編)

ポチッと請求のAPIと連携し、請求書・領収書を発行します。

API連携情報の取得

ナビゲーションメニューの「API」をクリックします。

発行ボタンをクリックします。

クライアントIDとシークレットが発行されます。

API連携では、契約ID、クライアントID、シークレットを使います。

APIによる請求書・領収書の発行

アクセストークンの取得

以下のようにAPIにアクセスし、請求書・領収書を発行するために必要なアクセストークンを取得します。

HTTPメソッド

POST

URL

https://auth.pitadigi.jp/oauth/token

ヘッダー

{
  'content-type': 'application/json'
}

データ

{
  'client_id': '<API連携情報取得で取得したクライアントID>',
  'client_secret': '<API連携情報取得で取得したシークレット>',
  'audience': 'https://pi.pitadigi.jp',
  'grant_type': 'client_credentials'
}

レスポンス

{
  'access_token': '<アクセストークン>',
  'token_type': 'Bearer'
}

請求書・領収書データの送信

請求書・領収書データをAPIに送信するには以下のようにします。

HTTPメソッド

POST

POST

URL

https://pi.pitadigi.jp/api/invoice

ヘッダー

{
  'content-type': 'application/json',
  'authorization': 'Bearer <アクセストークン>'
}

データ

{
  'contract_id': 契約ID *必須,
  'issueDate': 発行日(yyyy-mm-dd) *必須,
  'issueType': 発行タイプ(invoice:請求書を発行,receipt:領収書を発行,account:取引先の発行タイプで発行) *必須,
  'invoices': [
    {
      'invoiceForm': 請求書フォーム,
      'receiptForm': 領収書フォーム,
      'header': {
        'invoiceNumber': 請求書No *必須,
        'invoiceDate': 請求日(yyyy-mm-dd),
        'receiptDate': 領収日(yyyy-mm-dd),
        'message': {
          'invoice': 請求メッセージ,
          'receipt': 領収メッセージ,
          'payment': 支払メッセージ,
          'memo': 備考
        },
        'account': {
          'accountCode': 取引先コード *必須,
          'accountName': 取引先名 *必須,
          'postCode': 郵便番号 *必須,
          'address1': 住所1 *必須,
          'address2': 住所2,
          'personName': 担当者名,
          'title': 敬称
        },
        'subTotalAmount': 小計,
        'tax': 消費税,
        'totalAmount': 合計金額,
        'payment': {
          'method': 支払方法,
          'dueDate': 支払期日(yyyy-mm-dd)
        },
        'bank': {
          'useContract': true: 設定の銀行情報を利用 false: 下記の銀行情報を利用,
          'bankName': 銀行名,
          'bankCode': 銀行コード,
          'branchName': 支店名,
          'branchCode': 支店コード,
          'accountType': 口座種別,
          'accountNumber': 口座番号,
          'accountName': '口座名義'
        },
        'company': {
          'useContract': true: 設定の会社情報を利用 false: 下記の会社情報を利用,
          'companyName': 会社名,
          'postCode': 郵便番号,
          'address1': 住所1,
          'address2': 住所2,
          'phone': 電話番号,
          'fax': FAX,
          'mail': メールアドレス,
          'personName': 担当者名
        },
        'text1': テキスト自由項目1,
        'text2': テキスト自由項目2,
        'text3': テキスト自由項目3,
        'text4': テキスト自由項目4,
        'text5': テキスト自由項目5,
        'text6': テキスト自由項目6,
        'text7': テキスト自由項目7,
        'text8': テキスト自由項目8,
        'text9': テキスト自由項目9,
        'text10': テキスト自由項目10,
        'numeric1': 数値自由項目1,
        'numeric2': 数値自由項目2,
        'numeric3': 数値自由項目3,
        'numeric4': 数値自由項目4,
        'numeric5': 数値自由項目5,
        'numeric6': 数値自由項目6,
        'numeric7': 数値自由項目7,
        'numeric8': 数値自由項目8,
        'numeric9': 数値自由項目9,
        'numeric10': 数値自由項目10,
        'date1': 日付自由項目1,
        'date2': 日付自由項目2,
        'date3': 日付自由項目3,
        'date4': 日付自由項目4,
        'date5': 日付自由項目5,
        'date6': 日付自由項目6,
        'date7': 日付自由項目7,
        'date8': 日付自由項目8,
        'date9': 日付自由項目9,
        'date10': 日付自由項目10
      },
      'details': [
        {
          'mode': 0: 通常 1: 値引 2: テキスト,
          'productCode': 商品コード,
          'productName': 商品名,
          'quantity': 数量,
          'unit': 単位,
          'unitPrice': 単価,
          'tax': 消費税,
          'amountProvided': 提供金額,
          'total': 合計金額,
          'memo': 備考,
          'text1': テキスト自由項目1,
          'text2': テキスト自由項目2,
          'text3': テキスト自由項目3,
          'text4': テキスト自由項目4,
          'text5': テキスト自由項目5,
          'text6': テキスト自由項目6,
          'text7': テキスト自由項目7,
          'text8': テキスト自由項目8,
          'text9': テキスト自由項目9,
          'text10': テキスト自由項目10,
          'numeric1': 数値自由項目1,
          'numeric2': 数値自由項目2,
          'numeric3': 数値自由項目3,
          'numeric4': 数値自由項目4,
          'numeric5': 数値自由項目5,
          'numeric6': 数値自由項目6,
          'numeric7': 数値自由項目7,
          'numeric8': 数値自由項目8,
          'numeric9': 数値自由項目9,
          'numeric10': 数値自由項目10,
          'date1': 日付自由項目1,
          'date2': 日付自由項目2,
          'date3': 日付自由項目3,
          'date4': 日付自由項目4,
          'date5': 日付自由項目5,
          'date6': 日付自由項目6,
          'date7': 日付自由項目7,
          'date8': 日付自由項目8,
          'date9': 日付自由項目9,
          'date10': 日付自由項目10
        }
      ]
    ]
  }
}

レスポンス

{
  'result': OK: 正常 ERROR: エラー,
  'errorMessage': 'エラーメッセージ'
}

API連携情報の削除

ご注意

API連携情報を削除すると、削除した時点でAPI連携ができなくなります。
また、一度削除したAPI連携情報(クライアントID、シークレット)は再発行できません。
すでにAPI連携されていないかをご確認の上で削除してください。

ナビゲーションメニューの「API」をクリックします。

削除ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので、削除する場合は、「はい」をクリックします。

クライアントIDとシークレットが削除されます。